ワンダーフォーゲル、水の中

愚鈍にして凡庸な阿呆の浅薄にして冗長な駄文

最近流行りの音楽ってなんなんですかみたいな


そういう少し挑戦的な記事を書きました。



いやね、僕だって最近流行ってるバンドくらい知ってますよ。ええ。



いいなって思ったバンドもなんでこれが再生数伸ばしてんねんボケって思うバンドもあります

(今回の記事は手抜きのまま公開するのでリンクは貼りません。不親切ですが、すみません。)





例えば、『神様、僕は気づいてしまった

覆面系バンド。
いかにも厨二病なバンド名で被り物もひと昔前のニコニコにいたような雰囲気。
ターゲットは中高生ですね。徹底している。



実際に曲もそんな感じで、ボカロ曲の香りがする。(まあ、今の中高生そこまでボカロ曲聴いてないとは思うんですが)
アクの強いギターリフを裏打ちの上で繰り返しすって感じの曲。
ただ、曲そのものは言うほどアクは強くなくて、ボーカルの気取った歌い方の甘めの声が無ければ割と個性は薄いかなという印象。歌詞が結構厨二属性。これも人は選ぶだろうけど中高生は絶対好きだと思う。
ギターリフもアクは強いがくどいほどでもない。


ただ、見た目にやったら金かけてるし、MVも金かかってるし何なんだコイツらはと。




初めてのMVが公開された時点でその一曲以外一切の情報がなくその曲はゲームの主題歌として起用され、バンド活動等の実績もまるで見えないままに三曲目はドラマのタイアップに。





ゲスの極み乙女。も比にならないような猛プッシュ。
一時期は常にYouTubeにオススメされていて、いい加減うざったくてクリックしてしまいました。



俺、こういう売りこみまくって、まるで流行っているかのように見せかけることで流行りを作る ってやり方嫌いなんですよね。


ボーカルは歌い手?とかなんとか言われてますね 実際のところはわかりませんし、作詞作曲が本人たちなのかすらわかりません。






次。『MINT mate box』


これも似たような感じ。
現在、YouTube上に一曲のみが公開されているだけにも関わらず、Twitterのフォロワーが異常に多いバンド。


ギタボの女、ベースの女、ギターの男の3人組。正規のドラムメンバーはいないらしい。


その唯一公開されているリサイクルという曲だが、実際この曲のクオリティはかなり高い。



まず、歌ってる女の子が可愛いような可愛いくないような絶妙な顔面のライン(SHISHAMOのライン)で、声が可愛い。曲は恐ろしくキャッチー。
くどいくらいの裏打ちでギターとベースも同じリフを繰り返し続ける。


YouTubeのコメント欄にフレデリックってコメントが多くあるのも頷けるほどに中毒性が高い。実際この曲が当たるのはまあ、わかるなーという感じ。



で、この曲のMV、一曲目と思えないほどに小綺麗で高画質、高予算なMVなんですけど、曲の途中で服切ってるんですよね。



調べてみると、このベースの女の子は自分のブランドを持っているモデルらしく。
バンドもこの子が主体になって出来たらしいんですよ。ボーカルはInstagramで弾き語りを見かけていいねって思ったから声掛けたってお前流石にそれ現代っ子過ぎるだろ。


ちなみにこの曲の作詞作曲はプロの方が作ったもので。要するに外注。



このバンドはこのモデルの女の子知名度を上げるためのバンドということです。
まあ、この曲に興味を持った人がメンバーに興味を持って、曲も買い、そのブランドの服も買ってくれる。いい商売ですね。マジで心の底からバンド舐めてないと出来ないですよね。


いや、別に曲を外注させることはいいんですよ。
ただ、このバンドの主体になってるこのやすだちひろは別にベーシストとして魅力が豊富にあるというわけではないんですよね。だって作ってもらった曲弾いてるだけだし。で、自分が歌うわけでもない、と。


音楽的なことに関して完全に人任せなんですよ。



それでいて、若手バンドに擬態して、「私たちのバンドの曲いいでしょ?」なんてドヤ顔の笑顔で演奏されたって、、という印象。



この作曲者とボーカルの女の子は評価されてもいいとは思うんですけどね。
バンドを利用して自分のブランドの収益に繋げようって発想は流石にね。




実際問題、こんなフォロワー何万人も入るようなモデルが私バンドはじめたよ!って言えばそりゃあ盲目的なファンは曲を知る前からそのバンドアカウントをフォローするわけで。



特にライブをこなす訳でもなくバンドのフォロワーを増やして曲をバズラせる。


一見賢いようですけど、音楽好きな人からしたらどうなのかなってやり方ですよね。下積みがバンドが偉いとか言うつもりはないですけど。


これも作られた人気、という感じ。




ここから先で紹介するのは普通に売れてるバンドだと思いたい奴ら。




まず最近流行ってんなーと肌で感じるのは


ポルカドットスティングレイ』

元々東京事変のコピーだったんじゃないのかと思ってしまう程にボーカルに椎名林檎を感じる。でも椎名林檎ほど強くない。聞きやすい。可愛い。演奏陣の技術高いし、逆にメンバーの男性陣からはまるで東京事変とは違うアレンジ。東京事変に似てるって言ってる奴脳みそ腐ってるぞ。


特にギターめちゃくちゃうまい。ベースもエグいフレーズいれてる。バランス感覚がいい。褒めるところしかないな、という感じ。






『嘘とカメレオン』


ボカロ曲だ〜〜!って曲。えげつないギターリフを裏打ちにのせてコテコテにするアレ。
こんなんボカロ曲で育った今の20〜25くらいはドンピシャですよね。もしかするとメンバーがボカロ作曲者なのかもしれない。

このタイプだとどうしてもヒトリエがチラついてしまうがボーカルの路線があまりにも異なるということでそれを解消している感じ。

ただボーカルの歌声はどうなんですかね、僕はハマる感じではありませんでした。力強いとかと対局の少し間の抜けた声色。ピンボーカルで可愛くない女性ボーカル久しぶりに見た気がしますね。でも逆にこのタイプの歌声の人今までいなかった気がする。


可愛い系でもないしロックでもなくて椎名林檎チックでもやくしまるえつこチックでもない、妙に素人臭い独自路線。結構期待してます。





他にもニガミ17才とかみるきーうぇいとか流行りそうだなーと個人的な意見。
yonigeは最近Twitterでやらかしたし、どうなんすかね。


まだ流行っていると言える再生数はないけれどtonetoneの さよならとロックンロール とかもすごく良かった。




おいしくるメロンパンも流行ってきてると思うんですけど、アレ、andymoriと比べちゃうと魅力半減しません?





では、今日はこの辺で。








追記
某大手がポルカドットスティングレイは東京事変になれない的な記事をあげていました。
1回流し読みしただけなんで誤読してるかもしれませんが、確かにその通りで売り手側が第2の東京事変として売りだしちゃうとダサいんですよね。いや、第2の東京事変として彼らが売り出されてるのかは知りませんが笑

しかしながらやっぱりあの歌い方を聴いて椎名林檎を思い返さない人というのは椎名林檎を知らないごく一部の層しかいないわけで。


結局彼らはどこかで東京事変と比べられざるを得ないので、あの記事もあの記事でどうなのかという想いもありましたね。個人的な意見ですけど。


例えば、おいしくるメロンパンなんかは完全においしくるメロンパンとして売り込まれてるのに色んな人がandymoriと比べてるんですよね。クリーンギターを鳴らしてるドタバタしてるドラムとかごく一部の要素だけ切り取って比べられて。


で、噂の第2のandymoriを見てやるぞくらいの気持ちで見た僕は結構ガッカリしちゃったんですよ。だって全然ちがうもん。(もちろんネットの適当な口コミを信用して聴いた僕が悪い)
andymoriは結果としてサブカル女子にウケたかもしれないし、実際に年の割に可愛い顔してたけど、あんなに女に媚びた音楽はしてなかった。





それと同じでポルカドットスティングレイもどこかで東京事変と比べられざるを得ないんですよね。色気のある歌い方や紅一点を囲む演奏力の高い男性陣という構図だとか。

だからそういう『第2の東京事変』的な売り込まれ方がされなかったとしても、一般のリスナーからはそういう見方で認識されていただろうとは思いましたね。


結局どこかで、第2の東京事変という噂をきいて、ポルカドットスティングレイを聴いて東京事変じゃない!と憤慨する人間はどこかで発生するだろうということです。



FACTが出てきた頃、ELLEGARDEN好きな人は是非!とか
FALILVが出てきたときにFACT好きは是非!!とか割と本気で言われて口コミが広がっていってたのに近いかなと。
(もちろん3バンドともまるで別のジャンル)



そりゃあ違うものをそういう前提で聴いちゃうとガッカリするのは当たり前というか。


でもバンドの口コミってある程度の人間をガッカリさせながらそういう風に広がっていくものなのかなとも。




でも、彼が言っていた(であろう)内容は概ね、

東京事変とはまるで違う音楽性のポルカドットスティングレイを第2の東京事変として売り込むのめちゃくちゃダサい
東京事変を期待して聴いてしまうと失望させてしまう

・上の人間になびいて音楽性曲げてる(ように見える)彼ら自身もダサい


というもの(ですよね?)で、僕としては概ね共感出来るものでした。

第2のワンオクとして、第2の椎名林檎として、第2のYUIとして、ゴリ押されたバンドやシンガーソングライターで当たった人とかいましたっけ?



僕が誤読してて勝手にいちゃもんつけてたり、勝手に共感してたならすみませんね。では。