ワンダーフォーゲル、水の中

愚鈍にして凡庸な阿呆の浅薄にして冗長な駄文

バーチャルYouTuberは群像劇的なコンテンツ

それに尽きる。
(このブログに辿り着いてる人はある程度知識がある人だと思うのでこの記事には特にリンクは貼りません。)



バーチャルYouTuberが爆発的に増えて流石にもう全員は追えなくなってきました。


もちひよこ、さはな君、カフェ野ゾンビ子とかの後発組も1万人の大台を超えて、

ウカ様、ニーツちゃん、あっくん大魔王、ぜったい天使くるみちゃん、乾くんたちも来週には1万人超えてそう。(書いてる途中にくるみちゃんが1万人超えた。)



バーチャルゴリラ、モスコミュール、バーチャルおばあちゃん(さょちゃん)辺りは面白いからあっという間に数万人は超えそうな気がするし、もうこのブーム終わってほしくないっすね 本当に毎日おもしろい。


1月以降に投稿はじめるバーチャルYouTuberはなかなかキツいですね。特に素人系のローポリおしゃべり系のバーチャルYouTuberはもうある程度出揃っている気がしますしね。


でも、この2月中旬に急速に再生回数稼いでるVTuberには共通点があって。


コンセプトがしっかりしてる人達は強いです。

作曲系バーチャルYouTuberのミディとかお絵描き系の深雪(ディープブリザード)とか。

あるいは世界観的な意味でのモスコミュールおじさんとか技術・世界観を作りこんでるつのはねあかぎ とか。


バーチャルYouTuberブームがだいたい12月中旬から始まったんですけど、その頃はやっぱり早い者勝ちというか、美少女の見た目で中身男っていう必然的に出てくるポジションの人がかなり序盤で出てきたせいで初動が大事だったというか。


さはな君とか特にその最たる例で、彼(彼女?)の動画はめちゃくちゃ面白いんですけど、彼が今頃出てきたとしたら正直きつかっただろうな、と。



だからこそ、今からそういうものを始めようとしている人は初動の早さより世界観の作り込みのほうが大事かもですね。



あーーーーー毎日たのしい
動画だけじゃなくて毎日Vtuberどうしで絡んでくれるのがいいよね。バックに企業があるところはこう、上辺だけの感じあるけど、それでもやっぱりこのバーチャルYouTuberは群像劇として、40人くらい追っかけるのが一番楽しい楽しみかたなのかなと。


ニコニコのよくばりセット作ってる人は現時点で100人くらい追ってそうですけどね。楽しそう。